て をかざして。

パワーをわけ合う、もちつもたれつな毎日。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク  -    -  -
記録に残るか、記憶に残るか。
アカデミー賞。
ニュースを見てまた改めて
ジワジワと悔しいんですけど(笑)

もし、受賞できていたら。
日本では今、大騒ぎなはずで。

アカデミー賞授賞式会場には
過去の受賞作品の名前が全部書かれていて。
それを見た時、
受賞するかしないかの差を感じました。

記録に刻まれる
歴史に名を残すっていうのは
こういう事で。

でも去年の受賞作品のタイトルを
あたしは知らなかった。
もちろん無関心だったからだけど、
もちろん世界的には知られてるんだろうけど。


もしかしたら
記憶にも記録にも残るっていうのは
凄い難しい事なのかもしれない。

あたしは、自分で作品を作って踊ってきたけど
ずっとずっと
記憶に残りたいと思ってた。
記録に残らなくてもいい。
見てる人が何か感じてくれればいいって。
でも最近やっと気づいたのね。

あたしは誰よりも
記録に残りたいと思ってたんだ、って。

点数とか順位とか、賞とか。
実は人一倍こだわってた。
そのせいで友達を内心妬んだりして…
すごいヘコんだりして。

多分、どうにかして
カタチに残りたいんだよね。あたし。
明らかに誰もが認めるカタチで残りたいの。
名前が残るとか
メダルをもらうとか。
ずっとそういう事にこだわってきた。

もしかしたら
記録に残るだけの力が無い事を
《あたしは人に伝わるのが一番嬉しい》って
言い訳してたのかもしれない。

でも、それでも
記憶に残りたいのは本当で。

そうでなかったら
自分の個性を探したり
見る人が面白いと思える振り付け考えたり
お客さんの素直な拍手に感動したりなんかしないはず。

つまり…多分あたしは
人に認めてほしいんだと思う。

記録に残るにしても
記憶に残るにしても
それは誰かが認めてくれてるって事だから。


…いい事に気づいたかも(笑)
ちょっと気持ちの整理がついたわ。
でもまたしばらくこのテーマで色々考えられそう(笑)
author: あやぴ  硫黄島からの手紙。  00:39  comments(0)  trackbacks(0)
あれ?
今、テレビで見ちゃいましたが。

いざ、知ると、

何書いていいかわかんないんだけど何故にだ?



凄いね。
惜しくも受賞逃す、って、
凄い、悪い事でもあったかのような
低ーいテンションで話すキャスター(笑)



アカデミー賞だぞ?

受賞逃したところで、
そんなに残念がらなくたって

キラッキラした会場の映像見ただけで

わけわかんないくらい感動できるよ。


でも…


とか言いながら

素直に
めっちゃ悔しいけどね(笑)

ちょっと泣きそうだけどね(笑)

(笑)(笑)(笑)(爆)(爆)(爆)←しょーちゃん?



受賞を逃したっていうニュースで
改めて作品の大きさを感じた気がします。

しばらく離れてた気がするから
また改めて
この作品のこと
考えてみようと思います。
忘れちゃいけない事が
たくさん詰まった作品だから。



あ。



にの。


ニノ…







惜しかったねぇ〜!!!!!!(笑)



何言ったらいいかわかんないから
雑なメッセージで済ませます(笑)

さ。

バイト戻って頑張ってきます(^_^)v
author: あやぴ  硫黄島からの手紙。  18:07  comments(0)  trackbacks(1)
おっつ…。
アカデミー賞かと思ったら



ゴールデンラズベリー賞の発表のニュースでした(^_^;)

…って、
前のエントリ読んでない方は
何のこっちゃ分かりませんよね(笑)
すいません(笑)


知りたいなぁ。
でもバイト終わるまでやめとこうかな(理由なき反抗)


実は、難しいと思ってる。
でもやっぱり相当、期待しちゃってる。

記憶に残るだけじゃなく
記録にも残ってこそ
意味がある作品な気がするんだ…



author: あやぴ  硫黄島からの手紙。  17:43  comments(0)  trackbacks(0)
今日は月曜にもかかわらず…
板場は戦場のようであり。


…言いたいだけですけど。
ってか板場じゃないし。
ただのレジだし(笑)


またまたバイトの休憩中にエントリしております。

忙しくて間違えて一つ多く入れてしまって
そのまましばらく放置してあったもんだから
めっちゃ薄まってるミルクティーを買い取り、

店員の特権で廃棄直前のパンをもらって(笑)


一息つくと

ふと頭をよぎる

いや、ぶっちゃけ仕事中も よぎりまくってた


アカデミー賞の行方。


もう作品賞も発表されて
きっと携帯のニュースサイトで更新されている。


…見たくないのは何故だかね(笑)


さて。
どうでしたのでしょう。

…あ。

休憩所のテレビでやるっぽい…
今、この後のニュースの予告が…



さ。
他にも人がいるからチャンネル変えられないし(笑)


見ちゃおうっと…
author: あやぴ  硫黄島からの手紙。  17:33  comments(0)  trackbacks(0)
ニノ?
聞いてなかったの?
キミはお客さんかい?

…と、ベルリン国際映画祭の会見で
司会の人にドイツ語で突っ込まれる

ニノ。

なんの違和感もなく
ニノ
と呼ばれる。
それが先ず、凄いよ。

本人はびっくりしてたけどね。
なんで知ってんだ?って…確かに。

なんだろか。
ヒデ?
イチロー?
そんな感じなのかしら。(笑)

…余計凄い気がしてきたな……

で、
突っ込まれて
手で顔を覆って照れまくるのは可愛いんだけどさ
その前の

突っ込まれる前の
何にも聞いてなかった時の表情、

何考えてたんだか
ホントに何にも考えてなかったんだか知らないけど


めちゃめちゃ男前…


…っていう感想はおかしいのかしら私(笑)

あんな顔でボケられても困ります。
しっかりして下さいニノ。

レッドカーペットを
両肩を持たれて
あっちにこっちに連れまわされて
キョロキョロしまくる
素敵なタキシードで蝶ネクタイなハリウッド俳優。

会場に飾られた
クリント監督、謙さん、伊原さん
そしてニノの写真の大きな看板に
なんだか凄く感動しました。

18000人の報道陣って…
軽くコンサート開けそうだよね(笑)←凄さがわからず

ZEROのインタビューで

「これはノーベル平和賞出すべきだよねぇ
とか、みんなで話してたことがあって…」

っていう話してる時の
特に、「みんなで」って言ってるときの
懐かしそうな表情が

なんか、良かったなぁ…凄く優しい気がして。

愛してるんだな…って改めて。
作品を
監督を
共演者を。

きっとその中に居られる事が
幸せなんだろうな…って。

いいなぁ、って、思います。
素敵だなぁ、って、思います。


拝啓、二宮様。

今はもう…パリ、ですか。

パリって…ロンドンか?
フランスってどこだ…?(一平か←言いたいだけです)

お疲れ様です。
ベルリンは、街へも行けたみたいで…
ってか完全ハリウッド俳優扱いなのはそりゃあ
完全ハリウッド俳優なんだから仕方ないな(笑)
SP三人引き連れて写真撮りに…って
確かに気まずいかもしれないけど(笑)
でも良かったね(^_^)v

パリでもきっと、忙しいんでしょう。
体に気をつけて…とかしか言えませけど

楽しんできて下さい。

日本で待ってます(^_^)v
author: あやぴ  硫黄島からの手紙。  00:24  comments(0)  trackbacks(0)
ベルリン…って…
ロンドンか?
ドイツってどこだ…?(一平か)

というわけで11日。
にのちゃんヨーロッパ進出って。

欧米か!?(そうだよ)

ベルリン国際映画祭。

…ですって。

硫黄島のみならず
鉄コンも共に…ですから…

もう意味がわかりません(笑)

最近、にのちゃんにしろ他のメンバーの映画にしろ
嵐にしろ
世界という舞台に上がることが
珍しい事じゃなくなってきてるじゃない。
だからマヒしてんの。感覚が。
事の重大さがわからなくなってきてる。

ダメだよね。うん、
初心にかえろう。

二宮和也がアメリカにいるとき
嵐がアジアに行ってるとき

あの日あの時の
寂しくも誇らしいあの気持ちを思い出すのだっ。

今日のニッキに載せてくれた
鉄コンがMOMA1位に選ばれた事に対してのコメント
感動してしまったけど
最後の
『おめでとうございます。ただそれだけです。』って。

二宮くん。
作品を作った側としてもっと喜んで。
わかるけど
もう自分達の手を離れた作品に対してあまり
入れ込まないのはあなたの意志でしょうけど

キミは凄いんだよ

と、言ってやりたくて仕方がなくなるから…
自分が認められた時は
ちゃんと喜んで。


はい、それでは。


ニノ。気をつけて行ってらっしゃい。
楽しんできてね(^_^)v

author: あやぴ  硫黄島からの手紙。  01:07  comments(0)  trackbacks(0)
Los Angels Times
挫折…いや、妥協しました(やっぱし)

でも、一通り文を目で追いました。

細かい事わかんないけど、
1つ思ったのはね。

ニノは、嬉しいだろうなぁ、って。

向こうではさ、
二宮=西郷
でしかなかったわけでしょ?
二宮=日本の若手俳優
でしかなかったわけでしょ?

でもこの記事で、
二宮和也はジャニーズ事務所のアイドルグループ
嵐のメンバーであり
歌手であり
今までたくさん経験を積んで
この映画にたどりついたんだ

ってことが伝わる。

少恩の撮影初日にオーディションに行かせてもらって、

《合格しなきゃって思った
オーディションに合格して
ハリウッド行きが記事になって
ドラマを見てくれる人が増えたらいいなぁと思った》

みたいな事言ってた人ですから

自分だけでなく
自分の周りの人達や
今までの作品の事も
伝えられていること

凄く嬉しいんじゃないかなぁ

とか勝手に思いました。

ニノの気持ちなんか分かりませんけどね。
たかがファンですから(^_^)v

ちなみに、ざっと見て、書かれていた作品

・STAND BY ME
・理由なき反抗
・ピカ☆ンチ
・鉄コン筋クリート
・天城越え
・拝啓、父上様

嵐のメンバーで
CMも出てて
ラジオもやってて
雑誌にも載ってて
声優もやってますよー、って書いてありましたね(大雑把)

《「スターになりたいわけじゃありません…
私はいつも何か創っていたい
他の人と創る喜びを分かち合いたいんです」
先月東京で開催されたワールドプレミアで
二宮は話した。》

いつもと変わらないニノですね。

《「私はいつも歌う事が好きでした」二宮は話した
「私は家族と車に乗るとき、いつも音楽をかけていました。
アメリカのバンドが好きで、
Bon Joviが東京ドームに来た時のコンサートにも行きました
Backstreet Boysも。
私は日本のミュージシャンのコンサートへ行くと、
彼らに学ぶことがあります。
でもアメリカのミュージシャンは、
私を楽しませてくれます。」》

ニノの洋楽に対する気持ちとか初めて知った。
なんか、
本当に音楽が好きなんだなって
改めて思ったりして。

《料理が出来るのかと尋ねると、彼は笑った。
「いいえ」と言って
撮影の合間に板場のセットから現れた彼の手は
洗い物をして濡れていた。
「だけどこの仕事は楽しいんです。」》

一平くんも頑張っております。

硫黄島に関してもニノが話している言葉が載ってました。
訳がいまいち自信ないのですいません…
彼の言いたいことと違うと困るので…

でも、
ニノが作品についてしっかり考えを持っていることは
読んでる人に伝わってるんだろうと思います。



二宮和也を、
日本のアイドルと認識した上で
俳優として認め、評価している記事。
仕事に対する姿勢もきっと
認めてくれている記事。

凄いね。
ホント、これしか表現が見つからないのが悔しいけど
本当に凄いね。
カッコいいね。

こうして、
またあたしの中で、
二宮和也に対する憧れが強くなるのです。
author: あやぴ  硫黄島からの手紙。  02:40  comments(0)  trackbacks(1)
英語の勉強をしろって事ですか。
そうですか・・・

わかった!よーしわかった!(一平か?)

学校もなくてだらけちゃってますからねぇ。
久々の長文読解に挑んでやるっ!!

ええ。そうですとも。

Los Angels Times

ホームページ行ってびっくりしたわよ
めっちゃ書かれてるな!!(読解意欲消滅の危機)
写真載っちゃってるし・・・

これ、アメリカの新聞だよねぇ?(信じたいのに信じたくない現実)

去年から何度となく経験した感覚だけどさ、
凄すぎるとついていけなくて、

ため息が・・・w

よし。
教習所の学科模擬の勉強ほったらかして訳してやる!!(免許取る気ある?)

・・・あ。

電子辞書失くしたんだった・・・(地球存亡の秋)

ニッカン記事:米紙が嵐二宮の演技を絶賛
author: あやぴ  硫黄島からの手紙。  23:17  comments(0)  trackbacks(2)
アカデミー賞にノミネートされるという事は
20070124_218716.jpg
硫黄島からの手紙 という映画が
ノミネートされるという事は

教科書を開いても
3行でしか説明されていない
世界史の授業では かすりもしない
歴史を

その事実を
そこに生きた人々を
その人々の思いを

一生懸命伝えようとした
その思いと努力が
認められた という事で。


良かったなぁ…
本当に良かったなぁ…って
思います。

おめでとうございます。

ありがとうございます。


人に認められることは
簡単じゃない。
たくさんの人に認められることは
本当に大変だから。

だから、凄いんだ。
だから、おめでとう、なんだ。

そんな風に思います。


評価とか
よくわかんない。
賞が一番大事だとは思わない。

だけど

この映画に携わった人の思いが
熱意が
努力が
願いが

世界の人々に届いて
認められているって証だから


硫黄島からの手紙
アカデミー賞 ノミネート

本当におめでとうございます。

去年、長い時間をかけて
思いを受けとった一人として

凄く凄く 嬉しいです。
author: あやぴ  硫黄島からの手紙。  03:15  comments(0)  trackbacks(2)
おめでとうございます。ありがとうございます。
前の記事で書こうとしたのにねぇ…
書いておけば良かったよねぇ…(何の後悔)


ゴールデングローブ賞受賞のコメントでも
日々更新するニッキと言ってることが同じで素敵。


author: あやぴ  硫黄島からの手紙。  17:45  comments(0)  trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
コメントのお返事は、
いただいたコメントの下に
書かせていただいています!!


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
ARASHI PEOPLE